子どもが筋トレをすると身長は伸びなくなる?

子どもが筋トレをすると身長は伸びなくなる?

 

 

子どもが筋トレをやりすぎると、身長がこれ以上伸びなくなるって言う噂を聞いた事はありませんか?私の夫も小学校高学年ぐらいの頃にスポーツが上手くなりたいからと言う理由で筋トレを行っていたそうなのですが、周りの大人たちからあんまり筋トレはしない方が良いと止められていたんだそうです。

 

 

ですが、この噂って本当なんでしょうかね・・?実は私の2人の息子たちも、小学生ぐらいの時から腕立て伏せやスクワットのような筋トレをガンガン行っていました。それでも、現在2人とも180cm近くと筋トレの影響を受けたようには見えませんけどね・・・。^^

 

 

 

実際筋トレをすると、成長が止まってしまうのか、これも調べてみましたので宜しければご覧ください!

 

 

 

筋トレで身長の伸びが止まる事はない

 

 

 

まず結論から言わせてもらいますと、いくら小さな子どもがハードな筋トレに取り組んだからと言って身長の伸びが阻害されると言う事はないそうです。

 

 

 

 

世間一般に噂されているものとして、筋トレをし筋肉が体のあちこちに付いてしまうと、骨が筋肉で押しつぶされて伸びなくなってしまうと言われています。

 

 

 

ですが、実際にはそんな事は無くって、いくらボディビルダーのような分厚い筋肉の持ち主であったとしても、骨が伸びて行こうと言う力はあまりに凄まじくその程度では身長には大きな影響をもたらす事は無い、が真実であります。

 

 

 

 

なんか、あれみたいですよね。コンクリートを突き破ってタンポポの花が咲いているのを道端で見かけたりしますが、まさにあんな感じに近いと思います。

 

 

 

むしろ筋トレは身長を伸ばすのに効果的!?

 

 

 

それどころか、筋トレは身長アップを手助けしてくれる作用があります。昼寝をしても身長は伸びる?のページでも書いていますが、身長を伸ばすためには成長ホルモンの働きは欠かせません。

 

 

 

そして、適度な筋力トレーニングであれば筋肉や骨に刺激が加わりますので、成長ホルモンの分泌を促してくれる作用があります。これまでは、筋トレは身長に良くないと言われてきた訳ですが、何と全く逆だったんですね!

 

 

 

ある程度常識の範囲内のトレーニングであれば、子どもの身長を伸ばすサポートをしてくれると言う訳です。あ、常識の範囲内のトレーニングとは、自分の体重を利用したような軽い筋トレの事を指します。例えば、腕立て伏せですとかスクワット、懸垂などが当てはまります。

 

 

 

あまりにもハードな筋トレは注意

 

 

 

筋トレは成長ホルモン分泌に多大な役割をもたらしてくれますが、当然ですがあまりにも重い負荷で筋トレをするのは止めておいた方が良いような気がします。

 

 

 

 

と言うのも、子どもの場合大人の骨とは違ってまだまだ未発達で柔らかい状態ですから、バーベルやダンベルを利用したヘビーなトレーニングは骨を傷めてしまう原因になってしまうようです。

 

 

 

 

最初の内は何とかこなせていたとしても、疲労骨折をしやすくなってしまうとの事ですので、あまり無理な筋トレはしないのがベストです。ちなみに私の息子たちの場合も、高校生に上がるまではバーベルのような筋トレはさせずに、自重トレーニングや走り込みをメインに行っていましたよ。

 

 

 

 

この時期はまだまだフィジカルを鍛える時期ではなく、どちらかと言えば技術や体力を高める時期だと何かの本で勉強をしましたので、筋肉を付けるようなトレーニングはしていませんでした。

 

 

 

 

ただ、発揮できるパフォーマンス能力を高めるためにも筋トレは有効ですので、子どもさんがスポーツに取り組まれているようであれば、私たちのように自分の体重を利用した筋トレなどをガンガンやって行っても問題ないと思います。

 

 

子どもの身長を伸ばす方法トップページへ!