子どもの身長って結局遺伝で決まっちゃうの?

子どもの身長って結局遺伝で決まっちゃうの?

 

 

私たち夫婦は2人とも身長は日本人の平均以下だし、もしかしたら子どもの身長も遺伝に左右されて伸びないんじゃないかな・・・?このように感じてしまっている親御さんも多いようです。

 

 

 

確かに、一般的なイメージからすれば、子どもの身長って親が今現在どれぐらい大きいのかで結構左右されてしまう気ってしますもんね。数年前の私たち夫婦も全く同じことを思っていました。

 

 

 

でも、私自身身長が156cmしかありませんし、夫も173cmと特別に大きいと言う訳ではありません。それでも、2人息子がいるのですが、長男、次男ともに182cmと180cmと、本当に私たちの子たちなのか!?と疑問を抱いてしまうぐらい身長を伸ばす事が出来ました!

 

 

 

実は、皆さんが思っている以上に子どもの身長って遺伝に左右されないんですよ、知っていました?

 

 

 

遺伝が身長に与える割合

 

 

関与が大きいと思われがちな遺伝なのですが、実は身長に与える割合はおよそ25%程度であると言われています。私もこの最初を見た時にはえぇーそれだけしかないのー?って物凄く不審に思っていた時期もありました。

 

 

 

ですが、色々と調べてみますと、現在俳優としても活躍されている阿部寛さんっているじゃないですか。とても高身長で顔の彫が深いダンディなお方です。彼は何と日本人離れした身長の持ち主であり、何と192cmもあるんだそうです!

 

 

 

一般の方から見たら高身長で羨ましい!って感じるのが普通だと思うのですが、どうやら阿部さんは逆に身長が高いと役者としての仕事が貰えなくなると言い、数cm逆にサバを読んでいた事もあったのだそうです。

 

 

 

そんな阿部寛さんな訳ですから、ご両親もさぞスタイルが良いんだろうなー!って思って調べてみたのですが両親ともに身長は160cmしかないみたいなんです・・・。

 

 

 

こういう事実もあり、あぁやっぱ遺伝はそこまで身長に影響しないんだなあと思った瞬間でもありましたね。

 

 

 

生活習慣が残りの75%

 

 

それじゃあ残りの75%は何なんですか!?と疑問に思うかもしれませんね。

 

 

 

ズバリ答えましょう!残りの75%は産まれてから成長期がストップするまでの生活習慣であると言われています。何をどのように食べ、しっかり夜は眠れているのか、適度に体を動かせているかで今後大人になった時に身長が高くなるかが左右されると言う訳ですね。

 

 

 

 

逆を言ってしまえば、この中のどれか1つでも欠けていたら、身長を大きくするチャンスが失われてしまうと言う事になってしまうんです。

 

 

 

食事はしっかりと食べているんだけど、夜はスマホやゲームで夜更かしをしていたんでは大きくなる事ってすごい厳しいと思いますし、逆に健康的な生活を送っていてもご飯が食べられないと言う場合も身長の伸びをストップさせてしまう原因になってしまうんです。

 

 

 

 

ちなみに私たち夫婦も、子どもたちには大きく成長して貰いたかったので、これらの食事・睡眠・運動は徹底して行いました。その努力も実ってか、日本人男性でも平均身長を大きく超える180cmに到達出来たのかもしれないです。

 

 

 

 

どんな事を意識していたのか、さらに詳しく知りたい方はトップページの子どもの身長を伸ばす方法もご覧頂くと、何か参考になる部分が見つかるかもしれませんよ!

 

 

 

親の身長はもっと高かったのかも?

 

 

例えば、父親側が本来185cmになる素質を持っていたのに、食事もインスタント食品やお菓子などで適当に済ませ、毎日夜遅くまで起きているなど身長が伸びない生活を毎日送っていたとしましょう。

 

 

 

もしもこれが原因で身長が175cm程度で止まってしまった場合、子どもは175cmと言う遺伝が加わると思いますか?いえ、もともと持っていた身長185cmのポテンシャルが影響されます。

 

 

 

 

親は身長を伸ばす努力はしてこなかったけど、子どもが食事やサプリメントなどからきちんと良質な栄養を摂って努力さえしていれば、身長が180cmを超えると言う事例も複数報告されているようですよ!

 

 

 

 

さすがにここまで極端な例はありませんが、両親が低身長だからって、子どもの身長に挫折するのはまだ早いんです!努力をして損をすると言う事はありませんので、是非とも成長期が終わるまでは子どもの身長を伸ばし続けて上げて下さいね。

 

 

 

両親の身長から子どもの最終身長を予測!?

 

 

こんな面白い計算もあります。何と、両親の身長から将来子どもがどれだけ大きくなれるのかをある程度予測できる計算があるらしいんです!

 

 

それがコチラ。

 

 

<男子>
予測身長={父親の身長+(母親の身長+13)}÷2
<女子>
予測身長={(父親の身長−13)+母親の身長}÷2

 

 

 

この計算式に当てはめてみて、子どもがどれだけ身長が伸びてくれるのか予め計算をしておくと、子どもの成長ペースを知る事が出来るので便利ですよ!

 

 

 

 

計算に比べて低ければ何とかしないと・・・と対策すべき方法も見つかってきますし、順調に伸びているからこのままいけばさらに伸ばせるぞ!と目標を定める事にも繋がります。

 

 

 

ちなみに私たちの場合に当てはめてみますと、男の子の場合は172cmで、女の子の場合は159cmと言う結果になりました。

 

 

 

 

この計算は正確なものではなく、あくまで参考程度の記録にしかなりませんが、それでも+10cmを達成する事が出来ましたので、息子たち2人も現在の身長に満足しているようです。

 

 

 

このように遺伝だけが全てではありませんので、最後まであきらめずに食事を徹底してみたり、夜は早く寝るなどをしていけば皆さんも自分の思い描く理想の身長に少しでも近付くことが出来るはずです!