カルシウムが子どもの身長を伸ばす?

カルシウムが子どもの身長を伸ばす?

 

 

牛乳などに多く含まれているカルシウムは、小さい頃に身長を伸ばす目的としてたくさん摂っていたと言う方も多いでしょう。

 

 

 

そして、もう背が伸びなくなた今でも、我が子に身長で苦労をさせたくないとたくさんカルシウムの摂取を心がけている家庭も多いと思います。ただ、このカルシウムはいくらとっても実は身長を伸ばす効果はありません。

 

 

 

どれだけ牛乳を1日の内に1リットルを飲もうが、骨が伸びてくれる事は残念ながらないのです。

 

 

カルシウムは骨を強くする!

 

 

まず結論から申し上げますと、カルシウムは骨の強度を高めてくれる効果はありますが、縦に伸ばすと言う作用はないんです。

 

 

 

給食にも牛乳が出る地域もあるため、「カルシウム=身長に効きそう!」と言うイメージをどうしても持ってしまいがちですが、背を大きくする目的であれば程ほどの量を摂っているだけでいいんです。

 

 

 

たくさん摂っても骨は丈夫にはなっていくのですが、縦にグーンと伸びていく事はありません。

 

 

 

それなら必要ないの?

 

 

それならばカルシウムは成長期には必要ないんじゃないか、と思ってしまうかもしれません。ですが、身長を伸ばすと言う作用がないだけで、成長期の子どもたちには必須な栄養素となります。

 

 

 

成長期までにどれだけカルシウムを摂っていたかによって、大人になり歳を重ねて行くにつれ発生する、骨密度の減少を少しでも抑えてくれると言う働きがあるんです。

 

 

 

この時期にカルシウムを摂らなかったらどうなるのかと言いますと、大人になって転んだだけでも簡単に骨折をしてしまうだとか、老後に寝たきり生活を送ってしまう引き金にもなってしまいます。

 

 

 

身長を伸ばすと言う効果は見込めませんが、子どもたちが取りたい成分トップ3ぐらいに入る重要な栄養素になりますので、毎日牛乳などから欠かさずに摂取して行きたいですね!

 

 

 

牛乳で子どもの身長は伸ばす事が出来る?

 

 

身長を伸ばすのは別の成分!

 

 

カルシウムは身長を伸ばす役割を持っていない?それじゃあ何の栄養素が身長を大きくしてくれるの?

 

 

 

はい、その答えはタンパク質とミネラルになります。タンパク質はお肉やお魚に含まれている成分で、私たち人間の肉や血などの身体を構築してくれる大事な栄養素になります。

 

 

 

身長を大きくしたいのであれば、まだまだ小さい小学校に上がる前ぐらいからきちんとタンパク質を摂りいれた食生活を送って行くと、将来背が高くなる可能性がグンと高まります。

 

 

 

お肉やお魚のどちらも苦手・・・!と言う子は少ないように思えますが、どちらも苦手で食べられないと言う場合は、大豆食品など植物性食品から摂りいれてみてもいいと思います。

 

 

 

ただ、絶対的なタンパク質は少なくなってしまいますので、不安であればプロテインのような栄養補助食品を摂りいれて行ってもgood!

 

 

子どもがプロテインを飲むと身長が伸びないって本当?

 

 

そして次に重要になってくるのがミネラルです。中でも特に亜鉛とマグネシウムは是非とも取り入れて行きたい成分となっています。マグネシウムはカルシウムの吸収を助けてくれる働きがありますし、亜鉛も不足してしまうと身長の伸びが悪くなってしまうと言うデータもあるようです。

 

 

 

世界一の長身国であるオランダには、水道水にも多量のミネラルが流れているほど身長を伸ばしてくれる要因がグンと詰まっています。

 

 

 

よくスポーツの国際大会などを見ていても、オランダの選手って背や骨格が私たち日本人とはかけ離れていますよね!中には2mを超すような選手もかなりいるんですが、これにはやはり幼少期からきちんとミネラルを摂っていた事が原因として考えられます。

 

 

 

亜鉛を多く含む食材には牡蠣などがありますが、こちらもどうしても栄養素に不安を感じるようであれば身長を伸ばすサプリメントなどを使用してみると良いかもしれませんね。