子どもの身長が低いと感じたら・・

子どもの身長が低いと感じたら・・

 

 

すくすくと育てているつもりなんだけど、子どもの身長が低いような気がする・・・。このように不安を抱えている親御さんって少なくないと思うんです。実際私たち夫婦もその1人でした。

 

 

 

今となってみれば過去の話しなんですけどね。

 

 

 

当時は長男も次男も他の同級生の子どもたちと比較をしてみても、身長が低かったですし、背の順も前から数えて2〜3番目である事が多かったと言う記憶が残っています。あまりにも伸びてくれないと、子どもはこのまま低身長になってしまうんじゃないか、と心配をしてしまうもの。

 

 

 

そこで、どうして身長が低くなってしまうのかや、対策などについてまとめてみましたのでご覧ください。

 

 

 

低身長症である可能性も?

 

 

もし、同級生よりも極度に身長が低いなーと感じる場合、もしかしたら低身長症に分類されるかもしれません。低身長症とは簡単に説明すると、医学的に子どもの身長の伸び率や、この時期までには○○cm無ければいけない基準に到達していない場合の事を指します。

 

 

 

つまりはとある一定の身長よりも○○cm低かったらこれに分類されると言う訳ですね。

 

 

 

このような低身長の原因には色々あって、両親からの遺伝であったり、食事や睡眠などの生活習慣、さらには愛情が極度に欠乏した愛情遮断性低身長症などがあります。

 

 

 

原因は1つであるとは限りませんが、1つ1つ対策を取っておく事で、子どもの身長が低いと言う状況を打破する事が出来るかもしれません。

 

 

 

 

病気である場合は、しかるべき病院で治療を受ける事が1番なのですが、ここでは自宅でも簡単に行える低身長症の改善法についてご紹介して行こうと思います。

 

 

 

良質な栄養摂れていますか?

 

 

何を食べたり飲んだりするのかと言うのは、子どもの低身長を改善するための1番の方法であると言えるでしょう。食べ物から摂った栄養素から筋肉や皮膚などが作られていきますので、ご飯がしっかりと食べられないようであれば、当然身長も伸びて行ってくれなくなります。

 

 

 

ただ量を食べればいいと言う訳でもないんですよ。もっと厳密に言ってしまえば、身体にとって良くないものをたくさん食べるよりかは、栄養がギューっと詰まった少量の食事の方が全然効果があります。

 

 

 

例えば、料理の支度をするのが面倒くさいからと、インスタント食品やレトルト食品などで簡単に済ませてはいませんか?

 

 

 

これらの食品は手軽に用意できる分、食品添加物がより多く使われていますし栄養素の割合もかなり抑えられているんです。出来るのであれば、なるべく手作りで栄養満点の料理を食べさせてあげるのが何よりです。

 

 

 

どんな料理を作ったらいいのか分からないと言う場合であれば、本などを参考にしながら始めて行っても良いですね。

 

 

ちゃんと眠れていますか?

 

 

子どもをしっかりと夜にちゃんと寝かしつけているか、も低身長になってしまう大きな原因であるとも言えます。

 

 

 

スマホなどを深夜まで使うなどして、眠る時間が極度に削られてしまいますと、身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌がもの凄く悪くなってしまうんですよ。おまけに熟睡できない状態が続くと、いつか体にボロが出始めてしまって風邪など、体調を崩してしまう原因にもなります。

 

 

 

それだけでなく、睡眠には自律神経の働きを整えると言う働きもありますから、夜に眠れていないと言う事は心にも大きな影響を与えてしまう事にも繋がりかねません。

 

 

 

子どもの身長が低いのを何とかしたい、心身共に健康な毎日を過ごしてもらいたいのであれば、出来る限り早い時間に布団に入れて上げましょう。

 

 

 

ストレスが加わってはいませんか?

 

 

 

一見関係が無さそうに感じますが、実はストレスも身長の伸びを止めてしまう原因になってしまうんです。

 

 

 

ストレスが加わることで、ホルモンバランスが乱れてしまい成長ホルモンの分泌量が減ってしまう事が主な理由です。それ以外にも、ストレスから逃れるために早く大人になろうとする働きが体の中で高まります。

 

 

 

成長期が訪れるのが早ければ早いほど、大人になった時の身長は低くなってしまいますので、子どもに極度のストレスが加わってはいないか、今一度家庭環境を見直してみる事をおすすめします。

 

 

 

例えば、不必要に怒鳴り声を上げたり体罰をしてしまうだなんてもってのほかです。まだまだ小さな子どもからしてみれば、親であるあなたはとても大きな存在です。例えるならば、身長2mを超すごっつい格闘家に説教を喰らう事をイメージしてみると分かりやすいかもしれませんね。

 

 

 

とてもじゃないですが、怒られたりしたらストレスが溜まってしまいます。

 

 

 

叱ると怒ると言うのは全くの別で、たいていの子どもは優しく諭すようなしかり方をしてあげれば、きちんと分かってくれる事がほとんどです。

 

 

 

怒ってしまうのは子どもの心を乱してしまう原因になり、それがきっかけで悪さをして言う事を聞かないなどの心理的な変化をもたらしてしまいます。

 

 

 

ストレスを与えないように、叱る時はどうしてそんな事をしてしまったの?とまず優しく原因から聞いてみるなど、子どもが話しやすい環境を作ってあげる事が大切です。

 

 

 

サプリメントで栄養を補ってみましょう

 

 

どうしても子どもの身長が低い原因が見つからない時は、身長を伸ばすサプリメントを使って栄養を補って上げるのも1つの方法です。

 

 

 

特に食が細くて、たくさん食べたくても食べられないような子は、サプリメントを飲むだけでも成長期に必要な栄養素を簡単に摂取する事が出来ますから、見違えるように身長がぐんぐん伸びる事も十分考えられます。

 

 

 

普段は栄養に特化した食事を作って上げているつもりでも、タンパク質やビタミンさらにはミネラルなど、少しでも足りていなければ身長が伸びて行く事は難しいように感じます。しかも理想的な栄養バランスに優れた献立を毎食考えるのも大変ですよね。

 

 

 

 

よほど料理専門学校に通っていたとか出ない限りは、身長を伸ばす事に重点を於いた食事を作ろうとするとレパートリーも限られたものになってしまう事だってあります。そんな時に活用していきたいのが、身長を伸ばすサプリメントと言う訳ですね。

 

 

 

ちなみに私たちの家庭も、長男が8歳、次男が6歳の頃から成長期が終わるぐらいまでサプリメントを使ってきましたよ。きちんと栄養が取りこまれるようになったのか、みるみる内に身長は伸びて行き、今では2人とも180cmを超すまでに成長してくれました。

 

 

 

次男はまだ中学生ですので、今後もしかしたら伸びてくれる可能性はあります。どうしても普段の食事では理想的な栄養バランスは難しい・・・と言う場合であれば、普段の食事+サプリメントを摂りいれてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ちなみに私たちが試したサプリメントはカラダアルファと言うサプリメントです。スピルリナを始め、身長に良い成分がたくさん含まれていてコスパも良いので、どんなサプリを使っていこうかな?と検討されているようであれば、カラダアルファから始めてみると良いかもしれないです。

 

 

カラダアルファはこちらのサイトから購入出来ますよ!